木曜日, 2月 22, 2024
ホーム未分類ワクチン義務化をめぐる軍部の離脱が続く

ワクチン義務化をめぐる軍部の離脱が続く

By Michael Baxter -2021年9月22日(Real Raw Newsより翻訳)

ロイド・オースティン国防長官による違憲のワクチン義務化をめぐって、軍の複数の兵科にまたがるパイロットの数が増えていることが、Real Raw Newsの取材で分かった。

2週間前、RRNは、第1戦闘航空団と第2爆撃航空団の27人のパイロットが、「すぐにワクチンを接種しなければ、飛行資格を失う」という厳しい最後通告を受けた後、任務を辞任したことを報じた。MSMとそのファクトチェック機関は、私たちの記事をすぐに否定し、誤りであるとのレッテルを貼ったが、すぐにソーシャルメディア上で離脱の証拠が追加された。

9月14日、ポール・ダグラス・ヘイグ陸軍中佐は、フォックス・ニュースの取材に対し、「すべての軍人はワクチン接種を受けなければ懲罰を受ける」という政権の命令に抗議して、YouTubeの動画を添付した辞表を司令官に提出したことを明らかにした。

ノースカロライナ州のフォートブラッグに駐留するヘイグは、その手紙の中で、「何よりもまず、私は、自分の意志と良識に反して血清を注入され、じっと座っていなければならないという、非合法で、非倫理的で、非道徳的で、専制的な命令に自分をさらすことができません。このいわゆる『ワクチン』が、長期的な影響を判断するのに十分な研究がなされているとは思えません」と述べた。

ヘイグ中佐の離脱は波紋を呼び、将校の間では辞職者が続出し、上級下士官の間では早期退職希望者が続出した。

9月16日には、ミズーリ州ホワイトマン基地の第509爆撃航空団のパイロット6名が、訓練飛行中に「着陸したらすぐに予防接種を受けるように」と言われ、辞表を提出した。

「私たちは3機の飛行機で訓練飛行をしていましたが、突然、無線で連絡があり、着陸したら医療機関に行って予防接種を受けるように指示されました。そして、全員が車に乗り込んだとき、全員一致で、注射を受けるリスクよりも辞職することに同意しました。もっと多くのテストが必要であり、潜在的に危険であるということに同意したのです。私は自分の仕事を愛しているし、軍を愛しているが、そのリスクに見合うだけの価値はない」とあるパイロットはRRNに語った。

6人全員がB2爆撃機を操縦していた。この爆撃機はわが国の卓越した空中戦略的抑止力であり、彼らの離脱は防衛の重要な分野におけるスキルの喪失である。

犠牲者はそれだけではない。

9月19日、オハイオ州ライト・パターソン空軍基地の第445空輸航空団に所属するC-17パイロット8名が、ワクチンを接種しなければ懲戒処分を受けるとの命令を受け、即時辞職した。ワクチンの安全性や有効性について疑問を呈したところ、「ジョー・バイデンやファウチ博士が安全で効果があると言えば、安全で効果がある」と言われたと、あるC-17パイロットは主張しているが、彼の指揮官は、ワクチンの陰謀論を受け入れたことで彼と仲間のパイロットを非難した。

RRNでは、この他にも、事実であれば軍の資産に多大な損害を与えると思われるレポートを調査中である。

もちろん、ワクチンを躊躇しているのは軍だけではない。

全国の郵便局員250人がワクチン接種の義務化に抗議して辞職したという報告も受けているし、医師や看護師までもが偽政権の無法なワクチン接種命令に抗議して職を辞している。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す