月曜日, 6月 17, 2024
ホームアメリカディープ・ステート、高校卒業直後のブラックハット兵士を採用

ディープ・ステート、高校卒業直後のブラックハット兵士を採用

By Michael Baxter – 2023年8月4日(Real Raw Newsより翻訳)

ブラック・ハットの欺瞞は、政府の最高レベルからアメリカの高校のホールまで広がっており、そこでは軍のリクルーターが犯罪へのコミットメントと引き換えに、潜在的な入隊者に無許可の報酬を約束していた: ジョセフ・R・バイデン、バラク・オバマ、あるいはロイド・オースティン国防長官が、ドナルド・トランプとその信奉者を国内テロリストと宣言すれば、合衆国憲法の敵に対して戦争を仕掛ける用意がある。

今週報じられたように、ホワイト・ハットは、ニューヨークのフォート・ドラムとドイツのヴィルゼックにあるローズ兵営に駐屯していた複数の汚職将校と下士官を逮捕した。彼らはまた、実弾射撃のウォーゲームに参加し、マガ(MAGA)の服装をまとった木製の的に射撃の練習をした165人の下士官兵も逮捕した。

165人のうち数人は、終身刑か絞首刑に直面すると告げられると、尋問に屈し、ディープ・ステートが提供する最悪のものをすでに見たと思っていたホワイト・ハットのリーダーたちに衝撃を与えるほど極悪非道なシナリオを語った。

軍隊のリクルーターは長い間、アメリカの高校の廊下に座り、大学進学を先延ばしにして、代わりに「Be All That You Can Be(なれるだけのことをしよう)」と先輩たちを誘惑し、現役時代に貯めた給料とペル・グラント(入隊して最初の契約を終えた軍人に支給される学資援助)の間に、借金を背負うことなく大学進学に必要な資金を手にして軍を去ることを約束してきた。リクルーターは、公表されていないノルマに基づいてボーナスを得る。そして、大半は愛国心の強い下士官であることは間違いないが、トランプ嫌いの兵士の私兵を作るというディープ・ステートの指令に従うことで、自分たちの名誉を傷つけている少数派も増えている。

異例の勧誘が始まったのは、2020年に選挙が行われ、ロイド・オースティンが国防長官に昇格した直後だった。観察と会話を通じて、これらのリクルーターはどの高校生にアプローチするかを選別した。シカゴ、フィラデルフィア、ワシントンDCの市街地の学校では反トランプ感情が蔓延しているが、軍組織に対する軽蔑も広がっている。そのため、狡猾な勧誘員たちは売り込みを弱めた。彼らは友好を装って生徒に近づき、最初は潜在的な徴兵候補者に軍へのコミットメントを強要する代わりに、普通の生活について話し合った。スポーツ、ソーシャル・メディア、家庭生活、経済状況、都会暮らしの悩みなど、何の変哲もない話をした。時には、リクルーターは何日もかけて友情を育み、学生との絆を深め、信頼を勝ち得てから、政治的な話題に話を移すかどうかを決めることもあった。

生徒がトランプ大統領に共感したり、曖昧な態度を示したり、中立の立場を示したりした場合、勧誘員たちはその場から離れ、次のターゲットを追い求めた。マークをダークサイドに向かわせる貴重な時間を無駄にしたくなかったのだ。しかし、生徒がトランプ大統領、特にトランプ大統領の支持者に真の反感を示した場合、リクルーターは言葉をエスカレートさせた。学生たちは、トランプは選挙には負けたが、軍のかなりの部分がトランプに激しく忠誠を誓っているため、2024年かそれ以前にトランプが政権に復帰することは間近だと聞かされた(リクルーターが語った唯一の真実)。そしてそうなれば、トランプの軍の部隊は政敵や民間の敵対者、特に少数民族を壊滅させるだろう。その結果を防ぐために、必要であれば武力でバイデンの大統領職を守る兵士が軍には必要だった。

学生たちがバイデンに愛情を抱いていなくても、リクルーターたちは、バラク・フセイン・オバマがまだ責任者であり、彼の側には勇敢な男たちがいなければならないのだと告げた。忠誠には報いがある。入隊に成功すると、彼らの名前で信託基金が設立され、そこにバイデンの部下が基本給とは別に月5,000ドルを預け入れ、最初の契約を立派に終えると換金できると告げられた。反乱軍と戦って戦死した場合は、指定された受取人が信託を請求できる。

非合法な募集に教え込まれた兵士たちは、陸軍入隊の典型的な厳しさを守った。ASVABと呼ばれるレベル分け試験を受け、その点数で兵士のさまざまな軍事職業への適格性が決まる。ほとんどの兵士は、歩兵になるのに十分な点数しか取らなかった。

表面的には、入隊は簡単なように見えた: ジョージア州フォートベニングで1回の部隊訓練(OSUT)を受けた後、永久任務に就く。規律正しく、連隊的なメンタリティーを身につけてから約半年後、彼らはフォートドラムの第10山岳師団か、ドイツのヴィルセックにある第2騎兵連隊に配属される転属命令を受け取った。そこで彼らは小隊に配属され、将校や下士官から突然の転属の理由を知らされた。ドナルド・トランプから国を守るという憲法上の宣誓を果たすためだ。

現在拘留中の兵士たち、少なくとも自白した数人は、訪問したFBI捜査官が、レイ・エプスのようなMAGAを装った資産から本物のMAGAを見分ける方法を授業で教えたと語った。既知のトランプ支持者の車道、玄関先、郵便受けには、紫外線に当たると発光するとされる塗料が塗られている。

もし戦争が勃発すれば、バイデンの軍隊は捕虜を取らないだろう。子供でさえも。彼らは、親を殺した犯人への復讐を熱望するトランプ支持者の次の世代になるかもしれないからだ。

エリック・M・スミス将軍のオフィスの情報筋がReal Raw Newsに語ったところによると、ホワイト・ハットは、不浄の誓いをしたすべてのリクルーター、将校、下士官、兵士を見つけ出し、投獄するという骨の折れるミッションに携わっているという。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す