水曜日, 5月 22, 2024
ホームアメリカ新たな健康危機を生み出すバイデン政権

新たな健康危機を生み出すバイデン政権

By Michael Baxter -2024年4月4日(Real Raw Newsより翻訳)

アップデート:この問題に対するホワイト・ハットのスタンスは一夜にして変わったようだ。特にCDCが鳥インフルエンザ・ワクチンを開発中であると発表したことで、彼らはこの問題をかなり深刻に受け止めていると聞いている。詳細は分かり次第お伝えする。

犯罪者バイデン政権は、インフレをさらに増幅させ、生活に苦しむ勤勉なアメリカ人を困窮させるために、国家の食糧供給を妨害しているようだ。また新たな健康危機の土台を築こうとしている。

2022年4月と2023年1月、RRNはトム・ヴィルザック農務長官とブライアン・ディース国家経済会議長官の逮捕、裁判、有罪判決を取材した。彼らはそれぞれ、47州で1億5,000万羽の鳥を殺処分するという架空の緊急事態をでっち上げた罪でJAGに絞首刑に処された。鳥を根絶やしにする正当な理由は鳥インフルエンザであった。しかし、その結果、鶏肉と卵の価格が25%と45%値上げされ、人々の財布は目に見えて圧迫された。

今、ディープ・ステートは古い手口を復活させ、高病原性鳥インフルエンザであるH5N1が鶏の間で繁殖し、乳牛、ヤギ、そして人間へと種を飛び越えつつあると主張する一方で、国民のヒステリーを一時的に遅らせるために「発生」を軽視している。

「陰謀団は陰湿に、ゆっくりと犯罪を犯す。今日の些細な不都合は、数か月後には本格的な災害となる。ディープ・ステートは国民に将来の災難を受け入れるように仕向ける。人為的な大惨事」とホワイト・ハットの関係者はReal Raw Newsに語った。

米農務省は月曜日、ニューメキシコ州とテキサス州の牛の群れから鳥インフルエンザを発見したと発表した。さらに、全米最大の鶏卵メーカーであるカルメイン・フーズ社は、一部の鶏から鳥インフルエンザを検出したため、テキサス工場を閉鎖した。同工場は農務省の監督の下、200万羽近くの鶏を大量淘汰した。

報復を恐れて匿名を約束したカルメーン社の従業員がRRNに語ったところによれば、農務省の検査官は月曜日の朝、抜き打ちで工場に到着し、鳥インフルエンザが鶏舎全体に広がっていることを確認した報告書を経営陣に見せたという。彼は、経営陣は調査結果を精査することも、異議を唱えることもせず、事実として受け入れ、恣意的に鳥を殺し始めたと語った。

「アメリカ農務省の連中が突然現れるまで、ここでは誰も鳥の病気について何も言わなかった。それでボスはシフトの半分を帰宅させ、残りの者は殺処分を始めろと言われた。そしてプラグを抜き、全員が帰宅した。私はいつ呼び戻されるか分からない。私の感覚では、会社の誰かが、誰かは分からないが、あいつらを信じていたか、あいつらと一緒に働いていたような気がする。私たちの鳥は誰も病気ではなかったと思います」とカルメーンの従業員は言った。

逸話ではあるが、彼の証言は2022年と2023年に米国農務省が捏造された検査結果を使って養鶏業界を騙し、自分たちの鳥が社会に健康被害をもたらすと信じ込ませた方法と一致している。

RRNは他の2人のカルメーンの労働者に問い合わせたが、コメントを拒否された。

その他、ミネソタ州ではヤギのH5N1症例が報告された。RRNはミネソタ州保健省に問い合わせたが、こちらもコメントを拒否した。

RRNがホワイト・ハットの情報源に調査を進めるかどうか尋ねたところ、彼は私たちに曲球を投げてきた: 「今、我々は多くの作戦に追われており、一人の職員の勘でこのような大きな問題を調べるリソースはない。ヴィルザックとディースを逮捕したとき、彼らに対する動かぬ証拠が山のようにあった。ディープ・ステートはしばしば戦術を再利用する。私たちの目と耳は常にオープンです。それが、いま私がお話しできる最善のことです」。

そして、政権がなぜ2024年の選挙間近に、インフレ高騰や公衆衛生上の緊急事態といった危機を作り出したのか、その理由を推測するよう質問された彼は、「それが真実だと仮定すると、彼らはトランプやプーチンのせいにする方法を見つけるだけでしょう。あるいは、郵送投票を促進するための別の策略かもしれない。

注:ガーランドの処刑については、その知らせを受け次第、できれば今日の午後に投稿したい。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す