水曜日, 5月 22, 2024
ホームアメリカ国務省高官、ウクライナとオバマへの忠誠を誓う

国務省高官、ウクライナとオバマへの忠誠を誓う

By Michael Baxter -2024年4月2日(Real Raw Newsより翻訳)

影の人物が任命された役人に外国勢力への忠誠を誓わせる政治状況が恐ろしい現実になっていると、ホワイト・ハットの情報筋がReal Raw Newsに語った。

2023年10月、ウクライナとイスラエルに大量の軍事兵器を流す手助けをしていた国務省の幹部、ジョシュ・ポールが、政治軍事問題局の最高責任者の職を辞した。彼は辞表の中で、この仕事は彼の道徳観を損ない、11年間の勤務の間に善よりも害をもたらしたと感じたと書いている。当時、メディアは彼の退任を大々的に取り上げた。あるメディアは彼の決断を歓迎し、あるメディアはポストを放棄した彼を嘲笑した。

その後に起こったことは珍しくもあり、あり得ないことでもあった。2024年1月、ポールはホワイト・ハット部隊に接触し、国務省の高官を逮捕するのに役立つ確かな情報を持っていると言った。しかし、彼が情報を共有する動機は、利他的なものとはほど遠いものだった。彼は、バイデン政権とアントニー・ブリンケンに批判的な記事を発表するために偽名を使っており、彼と一握りの人間しか知り得ない詳細をうっかり載せてしまったと打ち明けた。政府は彼が著者であることを突き止め、監視と脅迫を始めたという。

ポールは、彼の電話は盗聴され、メールは監視されていたと主張した。ポールは、彼の家の向かいの通りに覆面パトカーが停まっているのを見た。公共施設の作業員や造園業者を装ったエージェントが、彼の家の近所をコソコソと歩いていた。ポールはホワイト・ハットに、かつての雇い主に姿を消されるのは時間の問題だと言った。

彼は情報と引き換えに、自分と家族の自由と保護を要求した。

情報筋によれば、ホワイト・ハットはポールの要求に一応同意し、彼の安全が誠実でオープンな対話にかかっていることを条件としたという。もし彼が嘘をついたり、情報を隠したりすれば、軍事法廷にかけられるか、ディープ・ステートの狼どもに放り返されることになる。完全に協力すれば、彼は生涯保護される。

情報筋によれば、ポールは今のところこの合意を守っている。具体的な情報を伏せる理由として、作戦上の安全保障と進行中の捜査を挙げ、どのような情報が逮捕につながったかは明かさなかった。

しかし、この情報源は、ポールが、自分自身を含む国務省職員が、過去の米国指導者や外国の権力者に献身を誓う儀式的なイニシエーションについて語ったことを共有した。ポールはホワイト・ハットに、2022年2月、ウラジーミル・プーチンがウクライナで合法的な特殊軍事作戦を開始した直後、アントニー・ブリンケンの前に立ち、「忠誠の誓い」の衝撃的な変化を暗唱したことを語った: “私は、ウクライナ合衆国の国旗と、その国旗が掲げるコングロマリットに忠誠を誓います。オバマのもと、ひとつの世界、断ち切れない世界、繁栄と豊かさを私たちに”

ポールは、同様の誓約は国務省の古参や下っ端の多くからもなされており、その中には38歳のアネル・シェラインも含まれていると主張した。 彼女は先週、国務省の民主主義・人権・労働局近東部の外交官の職を辞した。彼女は「バイデンのガザ政策」を理由に辞職した。

「ポールは彼女の命が危ないと思うと言ったが、我々はディープ・ステートの救世主ではない。我々はディープ・ステイターを身内から守るためにここにいるわけではない。そして、2年間の従業員が私たちを助けるために何を知っているのか、想像するのは難しい。もし彼らが私たちに手を差し伸べてくれるのであれば、それは一つのことだ。そうでなければ、後でどんな後悔をしようとも、諺にもあるように、蒔いた種を刈り取ることになる。彼らはオバマに誓いを立てているのだから、彼に救ってもらえばいい」と、情報筋は言う。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す