水曜日, 2月 21, 2024
ホームアメリカニューヨーク州でホワイト・ハットがブラック・ハットを逮捕

ニューヨーク州でホワイト・ハットがブラック・ハットを逮捕

By Michael Baxter – 2023年8月1日(Real Raw Newsより翻訳)

ホワイト・ハットが日曜日に逮捕した米陸軍少佐と曹長は、ジョセフ・バイデンに忠誠を誓い、法を守る市民に対して市街戦を仕掛ける方法を部下に指導していたと、エリック・M・スミス将軍の事務所の関係者がReal Raw Newsに語った。

軍服に泥を塗ったのは、第10山岳師団の幕僚であるデビッド・ダンバー少佐と、フォートドラムの上級下士官であるネマ・モバラクザデ中佐である。

我々の情報源は、実際の逮捕について詳しくは語らなかったが、7月30日の日没後に基地外で行われたとしている。

Real Raw Newsが確認したJAG宣誓供述書によると、ダンバーとモバラクザデは250人の第10山岳師団兵士を、2024年の大統領選挙でジョセフ・バイデンが勝利した場合の内乱鎮圧を任務とする “私兵”に勧誘し、トランプ支持者の家を襲撃して銃を突きつけ武器を押収するという極悪非道な計画を詳述している。宣誓供述書によると、ダンバーとモバラクザデはボランティアを募り、マシュー・R・マイヤー駐屯地司令官の背後で市街戦訓練を行った。

情報筋によれば、ホワイト・ハットは現在のところ、マイヤーを有罪にする証拠を持っていないという。また、家宅捜索と押収訓練に参加した250人の兵士について、JAGが起訴するかどうかも分からないという。

ダンバーとモバラクザデは、2020年の選挙は公平で合法であり、ドナルド・J・トランプは1月6日を引き起こし、投獄に値する、バイデン政権は合衆国の合法的な統治機関である、と述べた兵士だけを入隊させた、と彼は付け加えた。兵士たちはまた、”…アメリカ合衆国の国旗とそれが象徴する共和国に…”ではなく、ジョセフ・バイデンに忠誠を誓った。

どういうわけか、ダンバーとモバラクザデは、ドラムの西約15マイル(約24.1キロ)にある20エーカー(24,483坪≒8ヘクタール)の更地を借りる資金を調達し、そこにアメリカ市民への攻撃をシミュレートするための “ベニヤ板の町”を建てた。兵士たちは、ドアの破り方、爆発物の設置、トランプ支持者の殺害について指導を受けた。彼らの課外訓練には、「トランプ支持者をどこで撃てば最大の効果が得られるか」というレッスンも含まれていた、と情報筋は言う。

「トランプ支持者は防護服のような武装をしており、中心ではなく頭を撃つよう言われた。彼らは模擬標的で実弾演習をした」と彼は言う。

興味深いことに、兵士たちは軍から支給された武器は使わず、ニューヨーク州北部の様々な銃器販売店から購入した個人の武器や弾薬、火炎瓶や釘爆弾などの即席の爆発物を使用した。

「訓練はトランプ大統領への憎悪を中心に展開された」と情報筋は語った。

ダンバーとモバラクザデが逮捕された後、ホワイト・ハットはベニヤ板の町を取り壊し、周辺に散乱しているブラス(放出されたカートリッジを意味する軍事スラング)を発見した。

ダンバーとモバラクザデが、右派の多いニューヨーク州北部で、わずか250人の兵力でどのように戦争を仕掛けるつもりだったのか、情報筋に聞いてみた。

「それが100万ドルの質問だ。このようなセクトは他の施設でも結成されているかもしれない。現在分かっているのは250人だけだ」。

その250人というのは、二等兵から一等軍曹までのすべての下士官階級を含むと彼は付け加えた。

最後に、ホワイト・ハットはなぜ関係者全員を逮捕しなかったのか、その理由は彼らの行為が反逆行為であり、統一軍事裁判規則と合衆国憲法に違反しているからだ、と再び情報源に尋ねた。

「捜査中です。心理的な操作や化学的な強制は除外しなければならない。今言えることはそれだけです」。

この記事を掲載する前に、Real Raw Newsはフォートドラムとウォータータウン市警にコメントを求めた。フォートドラムの広報担当者は、ダンバーとモバラクザデは “緊急休暇中”であり、ウォータータウン市警の広報担当者は、駐屯地外の訓練施設に関する情報はないと述べた。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す