木曜日, 4月 18, 2024
ホーム未分類ホワイト・ハットが2機目のDEW機を破壊する

ホワイト・ハットが2機目のDEW機を破壊する

By Michael Baxter -2024年3月19日(Real Raw Newsより翻訳)

エリック・M・スミス将軍の事務所の情報筋がReal Raw Newsに語ったところによると、アメリカ軍特殊部隊は先週、ディープ・ステートがアラスカ州ムース・クリーク近郊のアイエルソン空軍基地に隠していた2機目の空軍直接エネルギー兵器(DEW)機を破壊した。

先週報告したように、特殊部隊は、ディープ・ステートがテキサス・パンハンドルで猛烈な火災を引き起こすために使用したことを確認した後、空軍のボーイング747を破壊した。この空中兵器プラットフォームは、存在が確認されている3つのうちの1つである。

先週初め、アンカレッジにあるエルメンドルフ空軍基地の友軍は、エリック・M・スミス将軍と第5特殊部隊群司令官ブレント・リンデメンに、レーザーを装備した飛行機が3月12日にアイエルソン空軍基地に着陸したと伝えた。このエルメンドルフ関係者はスミス将軍に、この飛行機は極秘裏に着陸し、当局の誰かが管制塔の記録を消去し、目撃者全員に箝口令を敷いたと伝えたという。彼はまた、アイエルソン空軍基地には、致命的な航空機を格納できる格納庫が一つしか空いていないとスミス将軍に告げた。

情報筋によると、スミス将軍はYAL-2を連れ出した特殊部隊に、アラスカに出発する準備をするよう直ちに命じたという。特殊部隊は3月13日にエルメンドルフに着陸し、車で380マイル(611.5km:約8時間)かけてアイエルソンに向かった。

「これが最も安全な方法でした。アイエルソンに着陸させるのはリスクが高すぎる。重装備の特殊部隊が奇襲飛行から降下するのは眉唾ものだった。目立たないようにするのが賢明だった。しかし、簡単にはいかなかった。敵の抵抗に遭ったのだ」と情報筋は語った。

特殊部隊は発見されることなく周囲を突破し、格納庫から100ヤード(91.4m)以内に近づいたとき、赤いレンズの懐中電灯が真紅に光るのが見え、風に乗ってかすれた声が聞こえた。格納庫のドアを照らすスポットライトの下を、黒い戦闘服に野球帽をかぶった8人の人物が移動していった。軍の身だしなみ基準では、空軍の保安要員はひげを生やしたり、ぼさぼさの髪型にすることは禁じられている。さらに、彼らの武器や装備には通常、防護服、シグSG550アサルトライフル、AA12自動散弾銃などの重火器は含まれていない。

特殊部隊は、ディープ・ステートが格納庫の警備のために傭兵-おそらくアカデミ(旧ブラックウォーター)か、ロンドンに本社を置くイギリスの多国籍民間警備会社G4S-を雇ったのだろうと推測した。8人のうち何人かは外国訛りがあり、イギリス人とオーストラリア人であった。

特殊部隊は選択肢を慎重に検討した。敵は兵力も火力も彼らに匹敵していた。銃を乱射しての正面攻撃は自殺行為だっただろう。また、銃撃を受けずに8人の敵を狙撃し、基地全体に自分たちの存在を知らせるには、神の介入が必要だった。

数時間後には夜が明け、基地内は喧騒に包まれ、チームは作戦の中止を余儀なくされるかもしれなかったからだ。午前3時頃、敵が3つのグループに分かれ、2つは格納庫の周囲をパトロールし、もう1つはドアの近くに張り付いていた。特殊部隊のスナイパーは、この機会をとらえて、ドアの前でうろうろしている二人組の頭に至近距離から抑圧射撃を浴びせ、残りの兵士たちは3人ずつのチームに分かれて、それぞれ後方から3人の敵を待ち伏せた。

8人全員の息がなくなったのを確認すると、死体を格納庫に引きずり込み、空いた飛行機の中に死体を入れてから、アルミと肉を焼却する焼夷弾を仕掛けた。エンジンのチタン製ブレードだけがこの地獄から生き延びた。

特殊部隊は格納庫から脱出し、爆弾を遠隔操作で爆発させた。

「我々は今、それが使用不能であることを確認することができる。そのうちの1機種だけがまだ稼働している」と情報筋は語った。

スミス将軍は最後の1機の位置を知っているかと尋ねられ、「もし知っていたとしても、我々が燃やすまでは明らかに言えない」と答えた。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す