水曜日, 5月 22, 2024
ホームアメリカJAG、メイン州長官シェンナ・ベローズを反逆罪で逮捕

JAG、メイン州長官シェンナ・ベローズを反逆罪で逮捕

By Michael Baxter -2024年4月11日(Real Raw Newsより翻訳)

米海軍のJAG調査官は水曜日、メイン州のシェンナ・ベローズ州務長官を、昨年12月にドナルド・J・トランプ大統領を同州の予備投票から失格させた憲法違反の容疑で逮捕した。

ベローズはバイデン一家の生涯の友人であり、全有権者が自分たちの選んだ候補者に投票するのを奪おうとした反逆罪で逮捕された5人目の悪徳民主党議員である。彼女の逮捕は、同じ犯罪を犯した4人のコロラド州最高裁判事の逮捕と、連邦最高裁がコロラド州の投票用紙にトランプの名前を復活させる決定を下した後の彼女の逆転劇に続くものだ。高裁は、州にはトランプ氏を国政、特に大統領選への出馬から排除する権限がないと判断した。

JAGによれば、コロラド州の判事とベローズは憲法を誤って解釈したのではなく、トランプを政治的に弱体化させ、トランプとその家族を個人的に傷つけることを目的とした包括的な陰謀の一環として、意図的に憲法を破棄したのだという。

12月、ベローズは陰謀団が所有するCNNで、トランプをブロックするという彼女の決定を擁護し、憲法修正第14条第3項が「ドナルド・トランプの前例のない悲劇的な反乱に対応して行動する」ことを要求していると述べた。

「1月6日の出来事は前代未聞で悲劇的だった。前副大統領や議員を含む国会議事堂や政府関係者だけでなく、法の支配そのものを襲った。トランプ氏はその暴動に関与したのだから、投票資格はない」とベローズ氏。

しかし、連邦最高裁が3月にトランプ氏をコロラド州の投票に復活させたとき、ベローズは自分がボールをもてあそんだことに気づき、違憲判断を修正したに違いない。

「ベローズが考えを変えたことは関係ない」とJAG関係者はReal Raw Newsに語った。「彼女は反逆罪を犯した。もし、ある人が他人を冷酷に殺し、『ああ、やってしまった、でももう二度とやらないと約束する』と言ったら、私たちはその犯人を許し、その人がやったことを忘れるだろうか? いや、もちろんそんなことはない。我々はベローズをずっと狙っていた。我々はしばしば隙を待つ。彼女は犯罪の代償を払わなければならない」。

昨日の朝、州都オーガスタの風光明媚なケネベック川のほとりをのんびりと散歩していたベローズを捜査員が取り囲み、ベローズはその罪の代償を払うことになった。ダース・E・クランドール副提督の署名入りの軍用逮捕状を提示されたベローズは、唖然としたように息を呑み、捜査官が彼女の手首にぴったりと手錠をはめる間、動かずに立っていた。

「ディープ・ステイターの連中は、私たちが現れるまでは、背伸びして悪口を言い、私たちが現れると、急に目を丸くする。その日が来るまで、彼女はキャンプ・デルタかブレイズで休暇を過ごすことになる」と我々の情報筋は述べた。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す