水曜日, 5月 22, 2024
ホームアメリカスミス将軍、ホワイト・ハット役員に厳しい警告を発する

スミス将軍、ホワイト・ハット役員に厳しい警告を発する

By Michael Baxter -2024年5月10日(Real Raw Newsより翻訳)

ホワイト・ハットはドナルド・J・トランプ大統領とも合衆国憲法とも切っても切れない関係にあり、その司令官である海兵隊のエリック・M・スミス将軍は、レッド・ハット運動を支持したり協力したりする将校を容認しないと述べたと、将軍のオフィスの情報筋がReal Raw Newsに語った。

レッド・ハットの指導者カーツ大佐との不快な対面の後、スミス将軍は命令を出した。自分の指揮下にある将校は、二重の忠誠心や分裂した忠誠心を持つことはできない、と。ホワイト・ハット将校としての職務は、レッド・ハットのアジェンダとは根本的に相容れないものだと彼は述べた。

「私の指揮下にある将校で、赤帽子を支持する者は、憲法と合衆国法(UCMJ)に違反している。ディープ・ステイターと同様に欺瞞に満ちている」。スミス将軍は、米国内外の数千人の軍将校に送った覚書の中で、こう書いた。

昨日報告したように、スミス将軍は金曜の会議で、数え切れないほどのホワイト・ハット会議に出席してきた海兵隊大尉である補佐官が、自分自身がレッド・ハットであり、カーツ大佐の味方であることを暴露した。なぜ彼が秘密裏に行動せずに正体を明かしたのかは謎だが、スミス将軍は、カーツが彼を動揺させ、ホワイト・ハットの指揮系統にレッド・ハットが入り込んでいることを証明するために、このごまかしを画策したと推測している。

スミス将軍はメモの中で、カーツを “無謀な危険人物”と呼び、カーツの命令に従う合衆国役員は、”大統領は、合衆国の実際の任務に召集されたときは、合衆国の陸海軍およびいくつかの州の民兵の総司令官である”と規定する合衆国憲法第2条第2節に反して行動していると述べた。

「トランプ大統領は、ディープ・ステートの敵対者に対するレッド・ハット作戦を承認しておらず、私も承認していない。よくご存じのように、トランプ大統領はワシントンDCを去る際、デビッド・H・バーガー将軍に暫定的な権限を委譲し、バーガー将軍が退任すると、その責任は私のものとなった。私はその職務を可能な限り果たした。映画『アポカリプス・ナウ』に登場する架空の敵役、カーツ大佐と名乗る男は民間人だ。彼が辞職したのは、最高司令官の計画に従うのではなく、自分のやり方でディープ・ステートと戦いたかったからだ。不満を持っている人もいるかもしれないが、あなたには憲法を守る義務がある。不満を持つ海兵隊員の解釈に従ってはならない」。

スミス将軍は書簡の最後を厳しい警告で締めくくった: 「あなたが内心でレッド・ハットに共感しているのなら、それはあなたの自由です。しかし、もしあなたがレッド・ハットだと名乗ったり、我々の情報を彼らと共有しているのであれば、あなたはディープ・ステイターと同様に不名誉であり、任務を辞するべきだ。機密情報を共有した者は軍法会議にかけられる」。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す